晴れ お知らせ 晴れ

2010年04月01日

平成22年度所信表明

平成22年度事業計画について
スローガン
自分たちで行動しよう市民の笑顔の為に!

 私たちの住むかほく市は合併して今年で6年目を迎えます。先日、『市長と会長を囲み青年部と語る会』において市長が発表された、「住みよさランキング」2009年で、全国第24位という嬉しい結果も出ています。行政ももっともっと上位を目指して行くと思いますが、私たち商工会青年部も負けてはいれません。
時代や社会のニーズによって絶えず変化し続けていく中、企業の後継者として地域の中での役割をしっかりと把握し、青年部活動を行う事が期待されています。
 そしてその活動が、実際に地域の役に立ち、認められ、団体としての信用を得ることができれば、個々の企業にも必ずやプラスに結びついていく事と思います。
 数多くの先輩や後輩、友人や取引先、お客様との出合いの中で培ってきたネットワークを最大限に活用発揮し青年部として時代は何を求めているのか、これからの地域をどう発展できるのかを常に意識する事が必要であると考えます。我々が連綿と先輩から受け継いできた「志」は、絶やす事なく後輩たちは引き継いで行くべきだと考えます。

1.平成22年度青年部活動
・部員内、他青年部、他団体等との交流会等を開催し親睦ネットワーク作りを積極的に行います。
・家業、事業に役立つ活動、研修、講演会、共同勉強会等を積極的に行います。
・青年経済人または後継者の団体としての地位を確立する。
・情報をいかし、活動をPRし組織活性を行います。
・商工会青年部組織を理解し、積極的に全青連及び県青連活動に参加します。
・かほく市の発展、こども達の未来の為、まちづくりに積極的に参加します。
・石川県立看護大学との共同事業の日程中に率先して献血運動に参加します。
2.平成22年度青年部運営
・より多くの部員が様々な役職の経験をするため、副部長、会計、委員長、副委員長の任期は1年とする。
・相談役を設け、部長の補佐を行う。相談役は、部長経験者及びOBより選出する。
・7委員会、個々の役割を把握し、事業をこなし末端の部員まで活動を理解し、参加する。
3.常任委員会
・月に1度の開催を原則とし、開催日を第3水曜日と定め、多くの部員の参加を求める。
・この委員会は執行部及び各委員会からの連絡、報告、議案の決議の場とする。
 委員長は、常任委員会の内容を担当委員に報告する。
・開始時間、終了時間を定め、議題等が決議されない場合、部長が定めた日時に改めて審議を問う。
・委員長が欠席する場合は、原則として、担当委員会より1名代理人をたてる。
 代理人は副委員長が務めることとするが、人選は委員長に任せる。
・会議方法を改善し、よりスムーズ活メリハリのある運営を行う。
・情報、連絡等は基本的にメール&携帯メールを活用する。
4.定例会
・年2回は全部員、時間、事業、思いを共有する出来る定例会を開催
・部員の出欠については、各委員会内で委員長及び副委員長が責任を持って確認する。
・情報、連絡等は基本的にはメール配信とする。但しメールアドレスの無い部員についてはFAX
配信とする。
5.委員会
・必要に応じて各委員長が召集し、開催する。様々な活動の企画立案及び実行の場とする。

6.1.総務委員会
・会議、総会の準備、運営、議事録の作成を担当する。
・部員視察研修旅行の企画、運営
6.2.いしかわみらい委員会
・県中央圏で構成している、いしかわみらい共創会議に参加、議論し、行動する。
・金沢駅もてなしドームで開催する予定(フェスタ)の企画、参加、運営
・その他いしかわみらい共創会議にて決定した行事に参加する。
6.3.地域交流委員会
・様々な地域団体との交流及び連係の窓口になる委員会。
・河北、森本広域商工会青年部事業(若手後継者等育成事業)への参加。
6.4.部員育成委員会
・懇親会やレクリエーション等、部員間の懇親事業担当。
6.5.広報委員会
・ホームページの更新及び青年部活動の外部内部への発信を担当。
・県青連IT委員メンバーの選出、かほく市商工会青年部活動をPRする。
・『にゃんこフォトコンテスト』の企画、運営
6.6.まちづくり委員会
・かほく四季まつり担当。祭り実行委員会に出席、決定事項の報告。
・石川県立看護大学との共同事業、出店
6.7.部員拡大委員会
・部員メンバーを常に拡大する為に日々活動する。
7.各所担当部員
7.1.県青連IT委員会
◎ 厚澤 克行
7.2.県青連調査研究委員会
◎ 中谷 秀康
7.3.かほく市商工会 観光振興委員会
◎ 山崎 努、岸 幸広
7.4.かほく市政策委員会
◎ 長柄 裕
7.5.県政モニター会議
◎ 長柄 裕
7.6.石川県商工会青年部連合会 副会長
◎ 長柄 裕
7.7.主張発表大会 発表者
◎ 白江 智昭

最後に、
 昨年1年間部長を務めさせていただきましたが、今まで知らなかったことが多々ありました。そして、『多くの気付き』がありました。今年は2年目ということもあり、多少の余裕が出てきても気を抜かず一人でも多くの部員に感じたことや気付いたことなどを伝えたい。と思っております。
商工会青年部はただ祭りをやって飲み会している団体ではなく、国や県の制度融資など経営の勉強会をしたり、新たなネットワークを作る為の努力をすることで、事業で儲け、そして社会に貢献しようではありませんか。自分だけ良いのではなく、この地域の皆さんが心豊かになる様に努力していきましょう。
かほく市商工会青年部一同
posted by かほくインパルス at 00:00| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 所信表明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
新着記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。