晴れ お知らせ 晴れ

2009年04月01日

平成21年度 部長挨拶

平成21年度事業計画について

スローガン

    自分たちで行動しよう 
              市民の笑顔の為に!


 100年に一度の不景気と騒がれる中、私たち商工会青年部は今、何をするべきか、何をすればよいのか。
時代や社会のニーズによって絶えず変化し続けていく中、企業の後継者として地域の中での役割をしっかりと把握し、青年部活動を行う事が期待されています。
 そしてその活動が、実際に地域の役に立ち、認められ、団体としての信用をえることができれば、個々の企業にも必ずやプラスに結びついていく事と思います。
 数多くの先輩や後輩、友人や取引先、お客様との出合いの中で培ってきたネットワークを最大限に活用発揮し青年部に今、何を求められているのか、これからの地域をどうすべきなのかを常に意識する事が必要であると考えます。我々が連綿と先輩から受け継いできた「志」は、絶やす事なく後輩たちは引き継いで行くべきだと考えます。

1. 平成21年度青年部活動
・部員内、他青年部、他団体等との交流会等を開催し親睦ネットワーク作りを積極的に行います。
・テーマを絞り会議を重ね、青年部から政策の提言を行います。
・家業、事業に役立つ活動、研修、講演会、共同勉強会等を積極的に行います。
・青年経済人または後継者の団体としての地位を確立する。
・情報をいかし、活動をPRし組織活性を行います。
・商工会青年部組織を理解し、積極的に県青連活動に参加します。
・かほく市の発展、こども達の為、まちづくりに積極的に参加します。
・石川県立看護大学との共同事業の日程中に率先して献血運動に参加します。
2. 平成21年度青年部運営
・より多くの部員が様々な役職の経験をするため、副部長、会計、委員長、副委員長の任期は1年とする。
・相談役を設け、部長の補佐を行う。相談役は、部長経験者及びOBより選出する。
・8委員会、個々の役割を把握し、事業をこなし末端の部員まで活動を理解し、参加する。
3.常任委員会
・月に1度の開催を原則とし、開催日を第3水曜日と定め、多くの部員の参加を求める。
・この委員会は執行部及び各委員会からの連絡、報告、議案の決議の場とする。
 委員長は、常任委員会の内容を担当委員に報告する。
・開始時間、終了時間を定め、議題等が決議されない場合、部長が定めた日時に改めて審議を問う。
・委員長が欠席する場合は、原則として、担当委員会より1名代理人をたてる。
 代理人は副委員長が勤めることとするが、人選は委員長に任せる。
・会議方法を改善し、よりスムーズ活メリハリのある運営を行う。
・情報、連絡等は基本的にメール&携帯メールを活用する。



4.定例会
・年2回は全部員、時間、事業、思いを共有する出来る定例会を開催
・部員の出欠については、各委員会内で委員長及び副委員長が責任を持って確認する。
・情報、連絡等は基本的にはFAX配信とするが、今後メール&携帯メールを活用していく。
5.委員会
・必要に応じて各委員長が召集し、開催する。様々な活動の企画立案及び実行の場とする。

6.1.総務委員会
・会議、総会の準備、運営、議事録の作成を担当する。
・沖縄県豊見城市商工会青年部との児童交流事業の企画、運営
・部員視察研修旅行の企画、運営
6.2.みらい委員会
・県中央圏で構成している、いしかわみらい共創会議に参加、議論し、行動する。
・いしかわまんなか祭りの参加、運営
6.3.地域交流委員会
・様々な地域団体との交流及び連係の窓口になる委員会。広域事業の窓口でもある。
6.4.部員育成委員会
・懇親会やレクリエーション等、部員間の懇親事業担当。
6.5.広報委員会
・ホームページの更新及び青年部活動の外部内部への発信を担当。
・県青連IT委員メンバーの輩出、かほく市商工会青年部活動をPRする。
6.6.政策提言委員会
・20年度に作成した『エコ意識調査事業報告書』を基に中長期的に考え、商工会または行政等に企画書等を提出する為に議論し、準備する。
・市長を囲む会を年1回以上開催する。
6.7.まちづくり委員会
・かほく四季まつり担当。祭り実行委員会に出席、決定事項の報告。
・石川県立看護大学との共同事業、出店
6.8.部員拡大委員会
・年初部員数87名を1年間で100名を目標に部員拡大する。
7.各所担当部員
7.1. 沖縄豊見城市商工会青年部交流
◎ 油井 健太郎
今年度は3年に一度の交流年度であり、児童を通し部員交流を行う。
7.2.県青連IT委員会
◎ 厚沢 克行
7.3.県青連調査研究委員会
◎ 中谷 秀康
7.4.かほく市商工会 観光振興委員会
◎ 山崎 努、岸 幸広
7.5.かほく市政策委員会
◎ 長柄 裕
7.6.県政モニター会議
◎ 長柄 裕
7.7.かほく市幹線道路網整備計画策定委員会
◎ 長柄 裕
7.8.石川県商工会青年部連合会 副会長
◎ 長柄 裕


最後に、
 先日、WBCが終わり日本中の多くの方が感動させられました。日本チームの連覇!本当に私たち日本人が日本人でよかったと思った日だったのではないでしょうか。インタビューでイチローが言った『最終的にみんなで笑顔になれた』という一言が凄く心に残りました。
 この感動を忘れずに、市民の笑顔を一人でも多く拝見できる事を願い、青年部員一人一人が今、団結し自分たちで考え行動する時代が来ています。世界の事や日本の未来を考える前に、私たち青年経済人が己の発展と共に協力し合い、子供たちの未来と家族の未来、そして企業の発展を約束しなければならないと思います。
 時代は私たちに懸かっています。100年に一度のチャンスにしましょう。


かほく市商工会青年部一同

posted by かほくインパルス at 00:00| 石川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 部長挨拶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去ログ
新着記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。